35歳転職限界説を聞いたことはありますよね。これは35歳以上になると転職が不可能となるという説です。まだこんな説が出回っていますが、実のところ、どうなのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は既に過去の話となっています。現在はどの企業も生き残るために必死になっていますから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。

転職先に大手企業を選んだ場合、給料がアップすることが多いですが、もっとも違ってくるのはボーナスの差となるでしょう。中小企業の場合だと少ないボーナスだったり、業績によってはボーナスが出ないこともあります。もし、給料が40万円と同じでも、ボーナスがないと年収は480万円ですが、ボーナスが年に二度あれば、その分だけ、年収に差が出てきます。

仕事を変えたいと思ったときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を持っていると役に立つことも少なくないと思われます。このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルが一定レベルにあることを証明するとても取得する意味のある資格です。この資格を取得しているということは、使われていない企業はないといえるほどのマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識とか技術が証明されるのです。

転職に有利な資格を取っておくと、想定外の事態に陥った場合にも安心ですね。そのような資格には例えば、TOEICがあります。TOEICというのは、自分の英語力を証明する資格のことを指しています。グローバル化が進行している今日、ある程度の英語力を有する人材を希望する企業の数が非常に多くなってきました。どのような業界でも、英語に長けた人材を求めているため、転職するに際して、非常に有利な資格だといえます。

就職活動を成功させるためには、押さえておくべきことがあります。それが就職活動の順序です。もしかすると、就職活動中に嫌なことが起こったり、人格を否定されてしまうような経験をするやもしれません。ですが、流れにそってするべきことをしていれば、職に就くことができます。脱落しなければ、大丈夫です。

就活で必須なのが、メールを使った遣り取りです。秘訣のようなものは特にありませんが、必ず「お世話になっています」だとか「よろしくお願いします」等といった決まり文句を使用することが多いので、単語を打てば文が出るよう登録すると速くてよいでしょう。

転職の話を家族に相談しても、適当な助言を与えられるとは考えないでください。今のあなたの職場での状況を家族ははっきりとわかっていないからです。理由を説明して転職したいといっても「ふーん」程度しか反応がないこともあります。「好きにすればいい」このような一言であっさりと片付けられてしまうことも考えられます。

このページの先頭へ